本文へスキップ

家族のひきこもりを治す方法【安心治療】

家族のひきこもりを治す方法【安心治療】


家族のひきこもりを治す方法【安心治療】へようこそ!!

ひきこもりの原因は個人によって異なってきますが基本的には内面的な要因と外面的な要因によるものがあります。 ご家族のひきこもりでを治したいなら、まずは原因を把握することが肝要です。
そして原因を理解した上で適切な対処法を行う必要であります。
ご家族がひきこもりの状態にあると、ひきこもりの本人はもちろん親御さんやその他の家族にまで大きなストレスとなり 家族関係に悪影響が出てしまいます。
そういったストレスは鬱病や家庭内暴力の原因にもなり、早めの対策が必要です。
当サイトでは管理人が治療の実体験で感じたひきこもり対策をご紹介していきます。
ご家族とひきこもり本人とが正面から真剣に向き合うことがひきこもりから社会復帰する近道ですので頑張っていきましょう!!

ひきこもりの現状


『ひきこもり』は小学校、中学校、高等学校などの未成年の学生時代に多いと思われがちですが、 現在は成人である20代から40代でも相当数のひきこもり症状を持つ方がいることがNPO団体の調査で分かっています。
内閣府は、20〜39歳のひきこもりが推計70万人程度いると公表し、その約半数が30代以上であると発表しています。このような事からひきこもりは決して珍しい事柄ではなく、どの家庭で起こってもおかしくないと云うのが 現在の常識です。

<中高年のひきこもり>
中高年のひきこもりは親が親戚や近隣の住人には知られたくないという思いが強く、密室化しやすいしやすいようです。
このような状態でひきこもってしますと
両親が亡くなってしまうと本人が完全に社会から孤立する恐れもある為早めの対策が必要です。
ひきこもりが高齢化する背景には、
幼少期に甘えて育てられたことにより社会に出てつまずくと云う原因が 最も多く、国の調査でも「職場になじめなかった」「就職活動がうまくいかなかった」と云う理由がきっかけで ひきこもってしまうケースが20%を超えているのが現状です。
現在ではひきこもり成人の非婚化も進み、老親の年金を頼りに同居するパラサイトシングルと呼ばれる方も多くいるようです。


治療のスタートは本人ではなく家族から


第一段階は親の行動を受け入れてもらうことです。 ひきこもっている本人は、親が治療機関や病院での治療を薦めたとしても、最初は拒否することが多いと思います。
ひきこもってしまう人間の要素として『プライドが極端に高い』と云う傾向がありますので、 本人のそういった行動は本意ではないと思ったほうがよいでしょう。
必ず本人も『今の状況から何とか抜け出したい』と思っているはずです。
しかしひきこもってしまった気まずさから親に干渉されるのを嫌い、そのような行動をとってしまうのです。 では本人を治療機関や病院へ行く気にさせるにはどうすれば良いのでしょうか?
もちろん
本人の無理やり引っ張り出すようなことは逆効果です。 一番効果があるのは、親がまず先に立って行動を起こすことです。 そのときひきこもっている本人に何を言われようが、何をされようがかまわず 何度も治療機関や病院へ通う姿勢を本人に示してください。
諦めずに親の行動を示すことで、本人の気持ちは少しずつ変化していくはずです。はじめは治療を強要されていると考え、親がそのような行動を取ることを嫌がると思います。
しかし本人のその考えに対して、貴方のことが非常に心配で親自身が相談したいからという態度をと取ることで本人も次第にと受け入れてくれるようになります。
ある程度受け入れが認められた場合は本人もそれとなく誘ってみましょう。 親が定期的に相談へ出かけ、その度に本人に誘い続けることが大切です。 本人は自分の為にがんばっている親の姿を、必ず見ているはずです。だからと言ってしつこく誘うのは良くありません。
出かけるときに本人に毎回必ず声をかけるだけでも十分です。
拒否されたらそれ以上何も言わないようにしましょう。これを繰り返すうちに本人が相談する気になったという事例は少なくありません。


ひきこもりの治療には時間がかかる


ひきこもりを治すには時間を掛けることが大切です。
またその場合の周りの理解と協力が必要となります。 時間を掛けて無理をせずゆっくり事柄を進めることで必ずひきこもりは治せます。 焦らないで時間を掛けることが大切なのです。
本人が治療のために病院へ出かけることも必要ですが、それと同時に周りの人間の理解と 協力も大切なのです。 兄弟や友人よりも、特に両親です。
両親がしっかり本人のことを考え理解してあげてください。一方的に考えを押し付けてはいけません。


両親が本人を理解する事


ひきこもりから脱出させるにはきっかけが必要となります。 もし、ひきこもっている本人に好きな物や夢中になれる物があるなら安易にそれを否定しないでください。
そういったものは必ず良いきっかけとなり、引きこもりを解決へ導いてくれる場合があります。
しかし本人の夢中になれる物は、親が良しとしない物である場合が多々見受けられます。
長時間のゲームであったり、パソコン、携帯の類であったり、アニメ・漫画等がそれにあたるのではないでしょうか。 それらを否定せずに良い社会復帰へのきっかけにするのはどうでしょうか。


おすすめ!!ひきこもり改善プログラム


ひきこもりからの復帰方法のノウハウの詰まったプログラムを利用するというのも一つの手段です。
実際多くのひきこもり患者を社会復帰させた実績のある信用出来るものも多くありますので利用する価値はあるの思います。どうしても自分たちだけではどうにもならない場合はお試しください。
きっと良い結果をもたらしてくれるはずです。



横溝式ひきこもり改善プログラム
意外な方法を使うと短時間で引きこもりを改善することが可能だとしたら、薬も体に害のあるものは一切使用しないでひきこもり改善が可能だったら、あなたはこのひきこもり改善術を試してみますか?
改善実績No.1の改善術をぜひお試しください。
おすすめ度 >>公式サイトへ



「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」
今まで、28年間で2000人以上の「不登校・ひきこもり」など、子供に関する問題の相談にのり、 200人以上の子供と寝食を共にしながら、子供の問題を解決へと導いた、「ご自宅で、不登校・ひきこもりを解決する方法」 のすべてをあなたにお教えします。
おすすめ度 >>公式サイトへ



大人のひきこもりを社会復帰させるプログラム 『ひきこもりドクター』
『ひきこもり』の深層心理を根本から 理解し、子供を部屋から出して 正社員として働かせる方法
39歳になるまで16年間『ひきこもり』だった前田和久をわずか数カ月足らずで実家から出して、会社に就職することができた、その全てのアプローチテクニック、ノウハウ、知識、そして知恵を
合計191ページにも及ぶテキストに出し惜しみ無し、正直にすべてを公開しました!
おすすめ度 >>公式サイトへ



最後に


最後までご覧頂きまして有難うございました。
ひきこもりは現代の大きな社会問題となっています。自分たちだけで解決しようとせずに、周りを
見渡してください。必ず協力者はいます。
今は思い悩んで辛いでしょうが必ず道は開けてきます。諦めずに頑張りましょう!!
訪問有難うございました。



子供のひきこもりの治療方法を紹介